アジスロマイシンの働き|頼りになるアイツの効果と副作用:抗生物質ジスロマックについて

アジスロマイシンの働き

a can medicine

ジスロマックの効果、すなわち細菌を撃退して感染症などを治療する働きを担っているのは、アジスロマイシンという成分です。
この成分は強い抗菌作用を持っており、生物の体内に入ると、その生物の体内に生存する細菌を見つけ次第破壊していくという驚異の能力を持っています。それ以外には何らの目的も持たないというすぐれた「戦士」的な成分であり、たとえば細菌は退治しますが、細菌が悪さをしている人の内臓や組織などに傷をつけることは一切ありません。ジスロマックを飲めば、アジスロマイシンが細菌だけをキレイに抹殺してくれるのです。
淋菌やクラミジア菌といった、淋病・クラミジアの原因になる細菌も、ジスロマックに含まれる「戦士」たちの餌食となるのです……。

ジスロマックが優れているのは、単にアジスロマイシンという強力な成分が含まれているということには留まりません。
抗生物質の成分は永遠に体内にとどまってくれるわけではなくやがて去っていきますが、ジスロマックの場合はアジスロマイシンがかなり長い間、人間の体内に残ってくれるのです。1~2週間という、抗生物質の基準からすればかなり長い期間にわたります。
これは、アジスロマイシンという成分が胃液によって溶けにくいからであるという説があります。人の体内に口から入るものは胃腸で消化され、分解されてやがては排泄されていくことになりますが、アジスロマイシンは胃液によるダメージを受けないまま細菌を倒し続けることができるというのです。
ジスロマックは、このような頼もしい成分が含まれている優れた抗生物質なのです。